2020.05.20

20代で戸建てを購入するために。20代が知っておくべき頭金について

20代のうちの戸建てを購入しようと考えている方へ

「若いうちに戸建てを購入したい!」

「戸建てを購入したいけど、分からないことが多くて不安…」

と、20代のうちに戸建てを購入したいという気持ちと同時に、不安を抱いている方も多いのではないでしょか?

 

今回はそんな方に向けて、戸建ての購入時に必要とされている頭金について、徹底解説していきます!

これから戸建てを購入しようと考えている方は、戸建てを購入する際の参考になると思いますので、ぜひ最後までお読みいただければと思います!

 

20代で戸建てを購入するためには、頭金は絶対必要?

まずは戸建ての購入を検討している20代の方に向けて、戸建ての購入する際は頭金が必要なのかを解説していきます。

よく「頭金は戸建てを購入する際に大事」という話も聞きますが、実際はどうなんでしょうか?

 

あるアンケートによると、戸建てを購入する際に頭金を1,000万円以上貯めた人は、全体の3割程度だったようです。

ただ一番多かったのが、100万円以上500万円未満の層みたいです。

戸建てを購入する際に100万円未満しか貯めなかったという人も1割ほどいるようで、住宅ローンが低金利で活用できる今、頭金が少なくても戸建てを購入するという人が増えているようです。

 

もちろん地区によっての差があり、東京23区内の方が郊外のエリアより頭金の金額は高いようです。

やはり戸建てが比較的安く購入できるエリアでは、そこまで頭金を用意していない購入者の方も多いみたいですね。

頭金を用意することは住宅ローンを組む上で、総支払額が少なくなったりとメリットもありますが、住宅ローンが低金利の現状では頭金にそこまで頭を悩ませる必要もないみたいですね。

 

ただ、もちろん住宅ローンの金利があがる可能性もあるので、住宅ローンを活用して戸建てを購入するタイミングは見定めた方が良いと思います。

20代の方で住宅ローンについて、あまり分かっていない方はこちら!

 

20代で知っておくべき、戸建て購入時の住宅ローンの基礎知識

 

みんなは頭金をどうやって貯めてる?

では、戸建てを購入する際にみなさんは頭金をどのようにして貯めていったのでしょうか?

これまで戸建てを購入してきた方が、どう貯金してきたか気になりますね。

その答えは「定期預金」

戸建てを購入するための定期預金をしていたようです。

会社からの給与を天引きする形で貯めていたり、公庫の積立てを活用して戸建てを購入するための頭金を購入したという声がありました。

中には親から援助をしてもらった(借りた場合も含む)という回答も一定数あったようですが、20代で戸建てを購入するためには素直に貯金をしていった方が良さそうです。

 

もちろんそこまで頭金を貯めることに心配しすぎることは必要ありません。

100万円以上で500万円未満で購入している方も多いようなので、安心してください。

頭金について考えすぎるよりも、20代で戸建ての購入を考えているみなさんに合った戸建てを購入することが一番だと思います。

 

しっかりと、今の生活を振り返り将来設計をすることで、自身に合った戸建てを購入することができるのではないでしょうか?

あまり住宅ローンや頭金などを考えすぎて不安になるのではなく、無理をしない範囲で自分が満足できる戸建てを購入することが大事です。

頭金をどれくらい用意するか、住宅ローンを何年契約で組むのかなどのお金のことは一人で考えすぎずに、家族や友人に相談してみても良いと思います。

 

戸建ての購入時の頭金については、こちらの記事も参考になるので併せてご覧ください!

 

20代の方は必見!戸建てを購入する際の頭金の基礎知識

 

住宅ローンや頭金で悩まれている方は、弊社IEGAOまでご相談ください!

いかがでしたでしょうか?

今回は20代の方に向けて、戸建てを購入する際に必要とされている「頭金」について解説していきました。

なんとなく頭金の相場について、理解を深めることができたのではないでしょうか?

もしまだ不安に思っていることや、分からないことがあればIEGAOまでご相談頂ければと思います。

IEGAOではこれまでも、20代の方の戸建て購入をサポートしてきたので、その知識と経験を生かして、戸建ての購入を検討しているみなさんをサポートさせていただきます!

 

戸建ては20代で買える!20代で戸建てを購入するために知っておくべきこと。

 

ぜひ、お気軽にご相談ください!

他の記事でも、20代の方が戸建てを購入する際に必要な住宅ローンや子育ての知識について掲載しているので、ぜひご覧頂ければと思います!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

others